11/20/2019
Breaking News

目指すなら介護福祉士がおすすめ

主体的に介護を行う職種としては、ヘルパーと介護福祉士と社会福祉士が挙げられます。
ヘルパーは介護を実際に行う存在、介護福祉士はヘルパーの指導などをする存在、社会福祉士はより高度な介護に関する助言や指導をする存在です。
介護福祉士はケアワーカー、社会福祉士はソーシャルワーカーとも呼ばれています。
介護福祉士と社会福祉士は国家資格ですが、その両方を取得することも経歴によっては可能です。

ヘルパーの立場で高齢者や体の不自由な人に貢献し続けるのも尊いことですが、自身が責任ある立場で介護の現場を統括する貢献の仕方もあります。
特に、介護福祉士はヘルパーを指導することなど管理職的立場にありながら、現場の感覚も必要になる立場です。
また、介護福祉士は医師の医療活動の一部を補助できる点で、ヘルパーよりも権限が強くなっています。
社会福祉士は、やや現場から離れた点から、介護現場の相談に対して助言や指導、援助などを行います。
社会福祉士は介護現場を俯瞰的に見る能力が必要で、その点で高度な介護の知識が要求されるのです。

介護福祉士は、介護実務経験などを満たせば資格試験を受験できる点で、ヘルパーの経験を最も活かしやすい資格です。
また、社会福祉士は大学などの機関で特定の科目を取ることが受験要件とされる点で、ヘルパーの経験だけではなることは難しいといえます。
そのため、ヘルパーが介護労働者としてキャリアアップするには、介護福祉士を目指すのが現実的であるといえるでしょう。